2007年09月15日

日本を無視するニダ。カンボジアと協力するニダ

日本のODAでカンボジアに造られた浄水場が韓国企業に転売?
http://jp.youtube.com/watch?v=D98wrO1qxow&NR=1

B2.PNG
b1.PNG

開発途上国の発展などのためのODA(政府開発援助)をめぐって、日本がカンボジアに 造った施設が、日本政府に無断で転売されるという計画をFNNがキャッチした。

市の中心部から離れると、いまだに庭先に設置した井戸から井戸水をくみ上げる光景が見 られるなど、人口増加にインフラの整備が追いつかず、多くの人たちが汚染された井戸水 を利用し、病気がまん延している。

井戸水を使う人は「健康のためにも、きれいな水道水を使いたいよ」と話した。こうした状況に手を差し伸べたのは、日本だった。シェムリアップ郊外にできた浄水場、シンボルの給水塔には、日本とカンボジアの国旗が 描かれている。

日本政府は、16億円以上を投じて、2006年3月に浄水場を建設し、市内に延びる水 道管も新設した。しかし4月、カンボジア政府は突然、水道事業を方向転換させた。政府の内部文書によると、「韓国の民間企業に、水道公社の権利の51%を売却する」と 明記されている。

つまり、日本のODAで造った浄水場を韓国の民間企業の営利目的のために使おうという のだ。






posted by 韓国マンセー at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テロリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55500237

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。