2007年09月28日

OOのサッカーを教えてやるニダ

【サッカー】闘莉王、全北現代に激怒!「あんなのはサッカーではない。勘違いしていて腹が立った」★2
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1190891753/
088032767295271170.jpg

終了のホイッスルが鳴り響いた瞬間、観衆3万1000人を包んだ全州W杯競技場は
壮絶な修羅場と化した。

歓喜の浦和に、一部暴徒と化した地元サポーターは、水入りのペットボトルなどをどんどん投げ込む。試合中、GK都築の頭上にロケット花火を100発以上打ち込んだスタンドでは、発炎筒が何本もたかれた。日本から集結した4000人の浦和サポーターが、ゴール裏で花火2発を打ち上げて勝利を誇ると、警備会社がゴール裏に殺到する異常事態に発展した。

「あんなのはサッカーではない。勘違いしていて腹が立った。観客にケンカは見せられない。負けたときは認めないといけない」完封勝利の立役者、DF闘莉王は激怒していた。相手DF陣が前半4分に先制点を決めたFW田中達、ポンテの足首を狙い、凶悪なタックルを連発。全北のある選手は中指を突き立て、FWゼカルロは意図的にベンチのオジェック監督に強烈なシュートを直撃させるなど、昨季王者はルール無用の肉弾戦を仕掛けてきた。

体を張った守備で最終ラインを支えた闘莉王も犠牲者となった。後半20分、相手から卑劣なひじうちを受けて昏(こん)倒。「歯は折れてなかったけど、(唇に)穴が開いた。飲んだ水が出てきた」上唇の右側は完全に裂けていた。だが、決して挑発に乗らなかった。「監督からは荒れるだろうと言われていたので、冷静にできた」とMF平川。ゼカルロから殴られた激情家の都築も必死に耐えた。その結果、全北の2選手が退場となり、前回大会覇者の自滅を誘った。

敗北を許されない日韓戦を制した赤い悪魔。「日本のサッカー、そして、浦和レッズを世界に見せたい」と闘莉王は言い切る。準決勝では終われない。アジアの頂点をつかみ取る。

2007.9.26 全北現代ー浦和レッズ



関連記事:
ACLサッカー:不可解な判定に泣いた全北
http://www.chosunonline.com/article/20070927000024
................................................................
関連動画:
日本の女はマゾ?



undefined
posted by 韓国マンセー at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テロリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。