2007年11月17日

日本人を原子爆弾の実験台にした子孫らが日本のイルカ捕殺に抗議

whiteevil.jpg

「イルカは心優しい動物。殺される理由ない」 人気女優ヘイデン・パネッティーアらが日本のイルカ捕殺に抗議→漁師たちと海上でやり合う
http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml?xml=/earth/2007/11/01/eadolph101.xml

ヘイデン・パネッティーアは、オーストラリアと合衆国からやってきた活動家たちと共にイルカの群れが入り江に追い込まれて捕殺されるのを防ごうと、サーフボードで漕ぎ出た。パネッティーア(18)はドラマ「ヒーローズ」で不思議なパワーを持った高校のチアリーダー、クレア・ベネット役で主演している人気女優だ。


デモ参加者たちは長い棒で彼らを水中で押しのけようとする漁師たちとぶつかり合ったが、結局は、やむなく海岸に引き上げるしかなかった。パネッティーア(18)は水から上がって泣き崩れた。衝突の起こった場所は東京から西方280マイルにある歴史的な捕鯨の町、太地町の沖合いだ。

反捕鯨運動をしているEIAによれば1シーズンで2万頭にも上るイルカ
が捕殺されていると言う。捕鯨は環境を壊すだけでなく、イルカの肉は水銀などの有毒化学物質で汚染されていて人間が食するには適していないという科学者たちの警告にも拘わらず、今なお続いているのだ。

クジラの捕獲が禁止されて以降、日本人はイルカに関心を向けた。世界から非難されている
にも拘わらず彼らは捕り続けているのだと EIAは言う。 日本人は、捕鯨が「科学的目的」のためと主張している。

「殺される理由も、捕えられる理由もありません。イルカとクジラは多分この地球上で最も心優しい動物の1つです」と、パネッティーア。
.................................................................
【クジラ】「日本は世界で1頭の白クジラも殺しかねない」 恐れるオーストラリア人たち…豪・英メディア報じる
http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml?xml=/earth/2007/11/12/eawhale112.xml

オーストラリア人は、日本の捕鯨船団が南洋での例年の捕鯨開始準備をしていると聞いて、世界で1頭の全身真っ白のザトウクジラが虐殺されるのではないかと恐れている。

「ミガル」(アボリジニの言葉で「白い友だち」の意)と名づけられた雄クジラは、1991年に初めて発見されてからオーストラリアでは有名な存在だ。ミガルは毎年、数千頭のザトウクジラと一緒に南極大陸の凍った海から暖かい南太平洋とグレートバリアリーフの浅瀬まで移動する。そして数カ月後には雌は新たに生まれた子クジラを引き連れて、クジラたちは南極大陸に戻っていく。体長45フィート(13.7m)のミガルがオーストラリアの東海岸に沿って移動してくるのを、ホエールウォッチャーたちは熱い思いで心待ちにしているのだ。

ミガルは現代の「白鯨」として歓迎されている。(1851年のハーマン・メルビルの古典に出てくるのはマッコウクジラだが…)
自然保護運動家たちは、ミガルがホエールウォッチングや漁船にとても慣れているので、日本のハンターたちに簡単に殺られてしまうのではないかと恐れている。
南半球の夏が近づいて、日本の捕鯨船団は数日内にも出港する準備をしている。
それが今日明日でもおかしくない状況だ。

彼らは50頭のナガスクジラ、数百頭のミンククジラの捕殺に加えて50頭のザトウクジラを捕殺すると公表した。日本人たちは、ナガスクジラやザトウクジラの数10年に亘って調査捕鯨してきた結果、捕鯨再開しても生息数を維持するに十分な回復を見せていると主張する。
ミガルを殺さないでとのメディアの要望に東京の水産庁職員は素っ気なく、「ノーコメント」として返答を避けた。それどころか、同庁はオーストラリアとニュージーランドが、過激な自然保護団体シーシェパードの反捕鯨活動船を阻止して日本の船団の安全を守ってほしいと求めてきた。
昨年、シーシェパードはブルドーザー型排土板を取り付けた船で日本の船団に激突して脅迫した。それ以来、日本政府はこの団体を「環境テロリスト」と呼んでいる。

「日本がテロリストの過激な行動に反対することには、この両国もそれには同意する旨表明しています。乗組員と船の安全を確保するために両国のサポートが必要です」と、水産庁のスポークスマン、諸貫氏はABCラジオに語った。
しかし、シーシェパードの2隻の船のキャプテン、ポール・ワトソン氏は、捕鯨は彼らからすれば違法だとして裁判ざたにすると言う。「彼らは捕鯨禁止海域で捕鯨の全面的一時禁止規定に違反して絶滅の危機にある種を対象としている。日本が我々に過激に反応して我々の仲間に危害が及ぶことでもあれば、日本は犯罪国家であり、日本に対して我々は非常に厳しい反撃行動に出るであろう」と、彼は言う。
日本は表向きは科学調査目的と称して、国際捕鯨委員会規則の抜け道を利用し南半球で年間約1,000頭のクジラを捕獲している。

ミガルの壮大な移動の旅に遭遇した人々は、一生に一度経験できるかどうかの光景だと表現する。「彼は身体の周囲2〜3m内の青い水を翡翠緑に変えたのです」と、オーストラリア人のホエールウォッチ業者は畏敬の念に打たれた2年前の目撃談を語った。
科学者たちはミガルは白皮症なのか、または単に白色もあり得るということなのかが、はっきりしないという。

ザトウクジラの生息数が健全になったのを示すかのごとく、1頭の雌とその子クジラが今日、シドニー港に短時間ではあるがやってきた。このペアが海から港に入ってくるところを、そこを通過するフェリーの乗客たちが見つけたのだ。彼らはこの保護水域で3時間ほど過ごして、その後南極に向け旅立った。 (以上)

関連情報:
痛いニュース:
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1050832.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1055439.html
.................................................................

【国際】「イルカ救出作戦」の女優H・パネッティーアらに日本から逮捕状→「漁師たちの保身行動ね」と意気軒昂
http://www.msnbc.msn.com/id/21826234/

ドラマ「ヒーローズ」のスター女優は、あれは公権力と漁師たちの「自己防衛の振る舞い」に過ぎないと言う。

報道によれば、人気ドラマ「ヒーローズ」のスター女優ヘイデン・パネッティーア(18)に日本から逮捕状が出たようだ。先月、彼女らが日本で行ったイルカ救出作戦に対してのようだが彼女はまるで怯(ひる)んでいない。木曜午後のTV「アクセス・ハリウッド」で発表されたヘイデンの声明によれば、逮捕状は彼らの「保身的」なものだという。

ヘイデンは声明で次のように言った。「今回の件で分かったのは、日本の当局と漁師たち双方が自己保身的な行動を起こしたということです。私は、『調査もしないで非難するのは永遠に無知のままである』という戒句に忠実に従うことで成長したと思っています。増加する一方の国際的な環境危機を解決するために世界は一体となって取り組まなければなりません。地球資源を枯渇させ人類滅亡に至らしめるような、時代遅れの、そして無意味な文化の伝統やいいかげんで愚にもつかない悪習慣に、もはや目をつぶっている訳にはいかないのです」。

先月日本へ行った時のヘイデンは、漁師たちがイルカの群れを殺りくするのを阻止することに命を懸けていた。ヘイデンと他の5人は、地元の漁師たちがイルカを捕殺するのを妨害するために夜明け前からサーフボードで沖合いに漕ぎ出ていた。 ところが、網にかかったと思われるイルカの群れに向かってヘイデンと反捕鯨団体スポークスマンおよび友人たちが進んでいるとき、小さい漁船から
反撃を受け阻まれてしまった。漁師たちは、サーファーたちの行く手を妨げるのにボートのプロペラを使い、彼らを排除するのに長いかぎ竿を使用した。ドラマチックで険しい衝突戦は数分間続いたが、ヘイデンたちはやむなく海岸に戻らざるを得なかった。そしてイルカたちは殺された。 

関連情報:
強い電波が出ています (;´д`)
Find.2ch
.................................................................
動画:
Hayden Panettiere Saves the Dolphins in Japan

Hayden Panettiere saves the dolphins and the local Japanese fisherman freak out!
.............................................................
Heroic Hayden

Dramatic video: TV star Hayden Panettiere in a violent confrontation with fishermen as tries to disrupt their annual dolphin slaughter.
.............................................................
Save the dolphins!!

I was so shocked and sad to hear this news. http://news.ninemsn.com.au/article.as...
I've never heard that so many dolphins are killed in Japan before.

Most Japanese don't know about it. That's why, I decided to make this video.
.............................................................
Most Racist Australian Commercial

豪州の異常な反日運動

豪州紙アデレードナウ「豪州の科学者は、毎年数百人の日本の鯨学者を狩って、年齢、生息地、そして彼らの腰肉をマリネやバーベキューにしてワインと一緒に食べればどんな味がするのか調べるといいだろう。そして日本の鯨漁師という得体の知れない種の謎を解明 するには、彼らを殺して一口サイズに切り刻む以外に方法はない。」

「どうせ"大きなおしゃぶり"も東京をなだめることはできない。」これはマルコム・タ ーンブル豪環境相が日本の捕鯨を批判して言った言葉。彼は日本人を「かんしゃくを起こ した幼児」に例え、そんな子におしゃぶりを与えても、かんしゃくは治まらないと言い放 った。

豪州在住日本人の声
http://forum.jams.tv/jlog/item/page_n...
2006-01-15 14:00:46
あるラジオで言ってたよ、捕鯨問題の話題が出たときに"日本人を海に泳がせて撃ち殺し てやればいい"って

2006-01-15 20:23:36
それと同じようなコメントがヘラルドサンにも載っていました。それに教養と進歩のない 人種とかねもっといろいろな中傷読みました。白人はもともとアジア系を見下しますが、 鯨の問題はもってこいのカラカイねたになっているのは確か
............................................................
関連動画を探す



コメント1:
イルカは賢いっていうけど、哺乳類は全部脳があるんだから全ての動物にある程度は知能あるだろ。
イルカだけ殺すのは可哀想って言うけど、毎年何百万頭もの牛を殺して、飽食を謳歌してる国には言われたくない。
.................................................................
コメント2:
Australian・・・eat Kangaroo
オーストラリア人はカンガルーを食べる。
American・・・・eat cow
アメリカ人は牛を食べる。
French・・・・・eat Rabbit
フランス人はウサギを食べる。
japanese・・・・eat Whale
日本人は鯨を食べる。
korean・・・・・eat dog
韓国人は犬 (キムチー)を食べる。
chinese・・・・eat dog cat
中国人は犬と猫を食べる。

It is a culture with all the histories.
これらは歴史による文化である。
.................................................................
コメント3:
日本なんかにこないで
タスマニア人全滅させたてめえの国の反省でもしてください。
.................................................................
コメント4:
>殺される理由も、捕えられる理由もありません。イルカとクジラは多分この地球上で最も
>心優しい動物の1つです

で、他の動物は?w
.................................................................
コメント5:
反捕鯨国の白人は自分の価値観が世界共通で正しいものだと思ってるからしょうがないよ

鯨を神の獣としてみてるわけで立派な宗教なんだよね
で、政治家や某民族団体はその鯨宗教を政治に利用してバックアップしてるわけだ

資金源(お布施)は世界中からいくらでも沸いて出るわけだから
儲けさせてくれる信者が増え続ける限り反捕鯨団体を潰すのは無理だろうな

価値観を押し付けたり他所の国のことをごちゃごちゃ言うなっつー理屈が一切通じない連中だ

このままカルトの布教が進んで洗脳が進んだら
マジで捕鯨を戦争起こす理由にしかねないぜあいつら
アルカイダを超えるイルカイダだw
.................................................................
コメント6:
今一番鯨をとっているのはアメリカというのは有名な話。
知らないのはグリーンピース信者と鯨保護団体だけw
先住民割り当てという名目で分捕っているわけですが、先住民は手厚い先住民保護の下家でtvを見ており、実際には企業が捕鯨をしておりますw
アメリカの先住民保護による特権はすごいぞ。
働かなくても補助金で暮らしていけたり、賭博運営に関する特権を持ってたり、民族単位で広大な土地を持ってたり色々だ。
先住民は白人文化の中で生きていけないから、白人が保護しなくてはいけない。
というキリスト教的発想。
ペットや家畜と同じ取扱です。

環境調査のために赤字垂れ流しながら捕鯨をやっている日本は真面目すぎw

海豚は海の狼といってる奴。
いい言葉じゃないか。
日本人の合言葉だな。
.................................................................
コメント7:
彼女は、日本人が全員イルカを食べていて水銀毒におかされている、と、テレビでも発言してるけどさ、あの猟の目的は、漁民が地元の漁業を守るため。イルカが網を破ったりするからね。

それで殺したイルカを捨てるんじゃなくて食用として有効利用している。決して裕福でない漁村の人々が生きるためにしていることなんだよな。だいたい、日本人のほとんどがイルカなんて食べないし
イルカ猟があることすら知らない人だって多い。

しかも、「日本人に水銀の危険を『教育』してあげるべき」とまで発言。知らせるとか、伝える、とかじゃなくて「教育」という言葉を使うあたり完全な嫌味だろ。

情報の根本的な間違いがあまりにも意図的なことを考えると、このイベントはこのニュースを日本語で日本向けに訴えるんじゃなくて英語で欧米に向けて発信するあたり、この活動家達の資金集めのPRかと。

日本のマスメディアも、この馬鹿げたニュースを扱えよ
.................................................................
コメント8:

この18才女子「try to educate Japanese people」って確かに言ってるわ。

一般人はともかくメディアの多くは賛同なんだよね。
日本人の印象ってそんなもん。あの動画の日本人は最悪だったし
.............................................................
コメント9:

日本人を教育してあげましょうってかw
不勉強なのはおまえらだろうが!
こういう糞馬鹿の主張が世界で正論とされるたびに
正直者であることがアホらしくなるな
.............................................................


posted by 韓国マンセー at 14:57| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この女優はどうでもいいが、世界が日本に注目している中で、捕鯨の事に関しては、日本人は事実をよく知ってから発言するほうがベターだ。

日本の水産省の人間を含む世界中の捕鯨関係者が集まっているIWC(国際捕鯨委員会)において、1994年にクジラ類の永久保護区と指定された南極海サンクチュアリへ、毎年一国だけ乗り込み、絶滅危惧種を含む年間1000頭近くのクジラを殺し、「調査捕鯨」と称して市場へ流している。

世界遺産や天然記念物と同じように世界が決めた、この永久保護区で。

日本人としてアジア人としての以前に、人間として、どう思う?

毎年26000頭ものイルカが鯨肉の代わりに売られる為に殺されている事はあまり知られていない。

今回の活動の主催者は、オーストラリアのカリスマ的なプロサーファーで、他の世界のプロサーファー達も駆けつけ、海の仲間への尊敬と感謝を示す為の平和活動だったという。

ちなみに彼らのほとんどは肉類を食べないベジタリアンで、本国ではカンガルーや牛などの動物の保護活動もしている。また、この人は、大の日本人好きでもある。

豪国での発言によると、「海水汚染により鯨・イルカには高い濃度の水銀など有害物質が含まれて、水俣病などを含む深刻な健康被害を引き起こす可能性があることを日本人に知ってもらいたい。ホエール・ドルフィンウォッチングで栄える地域になれば、もっと経済効果も期待できる」と言っている。
Posted by at 2007年11月10日 00:52
この子なんで泣いてんの。だったらハンバーガーもフライドチキンも命あるものは食べるなよ。陳腐なヒューマニズムで漁師さんの仕事邪魔すんなよ。
Posted by ななこ at 2007年11月14日 23:33

世界遺産や天然記念物と同じように世界が決めた、この永久保護区で。


保護してるのかというと、人類が安易に海産物をとって飢餓を解消しちゃうと、陸上牧畜生物を作っている国が立場なくなるから。陸上肉は効率が悪く自然破壊が多大。本来なら廃止して海産物中心の食生活にしたほうが飢餓を防げる。適地は比較的痩せた土地。それ以上水資源が豊富で肥えたとちになると直接人間の食う作物を植え付けたほうが効率がいい。ケシの花の名産地が極貧内陸国であるのと同じ理屈。肥えた国でわざわざけしの花なんぞ作らない。エサくらいしか生やせない乾燥内陸地帯を大量に保有している国が食物市場で相対的に有利になる。
Posted by あ at 2008年01月13日 16:31
過去に(いや現在もか?)イルカなどの海洋哺乳類を(頭が良いとの理由だけで)軍用に訓練している国の奴らに保護だなんだと言われたくは無い。
自分たちの今までして来た事を振り返って欲しい。
特に多民族で構成されと自分たちを『世界の憲兵』とまでうたった国の方々、あなた達こそ文化や人種に対しての『侵略者』です。
Posted by at 2010年03月11日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65478397

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。