2007年09月19日

日本(イルボン)を迎える韓国人ニダ。 とても盛り上がった二ダ。

妻夫木聡「イ・ビョンホンと共演したい」
http://www.chosunonline.com/article/20051008000011

12.jpg

日本の人気俳優 妻夫木聡が李炳憲(イ・ビョンホン)と共演したいと話した。

妻夫木聡は8日午後12時、釜山(プサン)海雲台(ヘウンデ)のパラダイスホテルで第10回釜山国際映画祭の特別イベントとして開かれたオープントークに出席し、このように話した。

妻夫木聡は「韓国映画に出演するようになったら、どうするか」という質問に対し、「韓国映画に出演できれば、とても光栄だと思う。提案が来れば、慎重に検討したい。チャンスがあれば、イ・ビョンホンさんと一緒に出演したい」と明らかにした。

また、「今回の映画祭を通じて知った 『甘い人生』 の金知雲(キム・ジウン)監督の作品にも出演したい」とした。

妻夫木聡は「私は個人的に韓国が好きだ。韓国訪問は今回が2回目で、韓国映画は『シュリ』、『JSA』も観た。『オールド・ボーイ』は私の個人的に好きな映画だ」と話した。
.................................................................
韓国版:
妻夫木聡 韓国訪問



中国版:
東張西望 26/2 Dororo 演員訪港 (柴咲コウ,妻夫木聡)訪問


東張西望 27/2 Dororo 演員訪港 (柴咲コウ,妻夫木聡)訪問 Part 2



懸賞にゃんダフル
posted by 韓国マンセー at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

日本・嫌韓国、和解の可能性は・・・ありえない!(竹島問題)


竹島とは?
竹島は、サンフランシスコ平和条約で承認された日本固有の領土のことです。

参照:
竹島問題
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/
竹島
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/takesima/
日韓友好にとってまさに「のどに刺さったトゲ」 竹島問題の基礎知識
http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20050313A/
盧大統領「日本が挑発できないほどの国防力ある」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=77078&servcode=200
映画のように韓日が衝突したら…
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=050000&biid=2006081443028
.................................................................

動画リスト:

竹島と日本海
http://jp.youtube.com/watch?v=6SZIvoDIG6I

竹島 獨島
http://jp.youtube.com/watch?v=3PkYVqh_H24

日本国島根県隠岐郡隠岐の島町

観光船での観光客はもちろん韓国人が殆どで、観光客は東島のみ入島可能、写真撮影等は自由だ。ビデオの中で韓国警備兵が写っている裏面は立ち入り禁止区域になっており、頂上に登る階段が見える。船が写っているがこの船が鬱稜島(ウルルン島)から定期的に出 航している観光船だ。

鬱稜島からは片道約2時間、往復5時間程度で入島時間はわずか15分程度、帰りは島を 大きく1周して鬱稜島へ向かう。

.................................................................

嫌韓動画リスト:

独島は我らの領土Dokdo is our territory


日本は韓国の領土! Japan is Korean Territory!


独島を守るテコンV

パクリロボットが日本の領土をパクっております。


独島へ飛んで行くアゲハ蝶



undefined

posted by 韓国マンセー at 17:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビックニュースニダ。 アメリカがウリらの芸術をOOしたニダ

NYTが『D−WAR』を冷笑?…電子版・トップ記事に
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=91197

米紙ニューヨークタイムズが、韓国映画『D−WAR』について、バカにしているような微妙なニュアンスを出す記事を掲載した。同紙・電子版は15日(以下・現地時間)、映画の面のトップ記事に『D−WAR』のレビューを載せた。

レビューの初めは「竜があるならば、誰にプロットが必要だろうか」という見出しのもと、「日本の怪獣映画が懐かしいならば、勇気を出せ」と書き出している。続いて「『D−WAR』は怪獣映画のジャンルが生きていることを証明する」としながらも「静めたり沸きたてたりするシチューのように、映画は楽しまざるを得ない」とした。

だが「もしもあなたにユーモア・センスがあるとすれば」という条件付きで、あたかもバカにしているようなニュアンスを出している。また、映画の内容を紹介した後「非常事態に備えるように」とし、まるで劇中怪物が実際にロサンゼルスを破壊しそうな感じを与えた。一方、米メディアの多くが『D−WAR』について酷評するレビューを載せている。『D−WAR』は14日、米全域・2267のスクリーンで公開された。


関連情報:

★韓国人がやたらと自慢してた映画「D-WAR」、アメリカで公開されるも酷評の嵐
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/b18351f304e95e4bee1b8eda860c2094

もっとも感動した映画トップ10発表
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1031610.html
.................................................................

関連動画:

DRAGON WARS Official Trailer. Coming on Sep 14, 2007 in US


Dragon Wars NEW Movie Trailer


Dragon Wars!




posted by 韓国マンセー at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大阪】河野談話撤回街頭書名(朝鮮人乱入)

【大阪】河野談話撤回街頭書名(朝鮮人乱入)


9月15日、大阪にて河野談話の白紙撤回を求める街頭署名活動中、在日朝鮮人のご老人 が乱入。(帽子:右側)その後、右側から赤いTシャツの若い在日朝鮮人が日本たばこ党のsirouさんの肩をつかんで乱入。

詳細ロングバージョンは、よーめんサンのブログ、
もしくは主権回復を目指す会で公開されると思いますので楽しみにしていてください。

http://ameblo.jp/hakkouichiu/


posted by 韓国マンセー at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テロリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売買春と闘うOOたち

【新刊】マグダレーナ共同体・勇敢な女性研究所著『境界の差異、隔たり、隙間』(2007/09/16)
http://www.chosunonline.com/article/20070916000005

1.jpg

 2000年、全羅北道群山の売春業者密集地で火災が起こり、売春に従事していた多くの女性が死に至った。女性に対する搾取と監禁に関わる証拠が大量に見つかるや、人々は憤怒した。「自由が欲しい、死にたい」という文が書き留められた、半分焼けた日記帳を見れば、もっと強力に売買春を防ぐことができる法案に対する共感が広がりもする。然るに、正反対の例もまた多く見られるのも事実だ。「(売春業者の下で)自由に出退勤する自発的な女性たちが増加している」という例がしばしば報道される。売春する理由も、家が嫌いだから、買い物で借金ができたから、たくさんお金を稼ぐことができるから、などといったものが登場している。売買春を取り巻く用語の定義から原因と対策に至るまで、人々は全く手をつけることができなかった。そして、再び記憶から消え失せた。

 「マグダレーナ共同体」は、ソウル龍山の売春業者密集地で売春に従事する女性たちを支援し現場研究をするための集まりだ。売春を経験したりその構造の中にある女性が自分の同僚女性の相談に乗り、支援の手助けができるようにする「同僚教育」プログラムを2002年に始めた。教育を受けインターンシップを経て職員として採用され、正式発令まで受けたものの、最初の「同僚教育」に参加した7人の女性は再びゲーム中毒やカードローンに溺れ、孤軍奮闘する生き様。売買春が日常的になっている現場で、その現実を改善するためにどれほどの努力が費やされているか。これは一言では表し難い。

 実際、売買春防止法施行以後、売春女性の自活のために一般予算74億ウォン(約9億1900万円)と基金予算113億ウォン(約14億円)が投入されたが、政府事業の特性ゆえに量的な統計を土台として可視的成果を導き出すところに重きを置いているという。実例を通して売買春を防ぎ売春女性を支援するためにどのような努力が必要か、真剣に問いただす本書後半部は印象的。



posted by 韓国マンセー at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

あなたは、米国が次に攻撃すべき国はどこだと思いますか?



米国内でいろいろなひとにインタビュー

Q:対テロ戦争の一環として、次に攻撃すべき国はどこだと思いますか?

約25秒あたりから

A:「韓国」
Q:なぜ韓国なんですか?
A:奴等はトラブルの元だからだ。
Q:トラブルとはどんな?
A:連中の性格だ。


お得なポイント貯まる!ECナビ
posted by 韓国マンセー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

日本を無視するニダ。カンボジアと協力するニダ

日本のODAでカンボジアに造られた浄水場が韓国企業に転売?
http://jp.youtube.com/watch?v=D98wrO1qxow&NR=1

B2.PNG
b1.PNG

開発途上国の発展などのためのODA(政府開発援助)をめぐって、日本がカンボジアに 造った施設が、日本政府に無断で転売されるという計画をFNNがキャッチした。

市の中心部から離れると、いまだに庭先に設置した井戸から井戸水をくみ上げる光景が見 られるなど、人口増加にインフラの整備が追いつかず、多くの人たちが汚染された井戸水 を利用し、病気がまん延している。

井戸水を使う人は「健康のためにも、きれいな水道水を使いたいよ」と話した。こうした状況に手を差し伸べたのは、日本だった。シェムリアップ郊外にできた浄水場、シンボルの給水塔には、日本とカンボジアの国旗が 描かれている。

日本政府は、16億円以上を投じて、2006年3月に浄水場を建設し、市内に延びる水 道管も新設した。しかし4月、カンボジア政府は突然、水道事業を方向転換させた。政府の内部文書によると、「韓国の民間企業に、水道公社の権利の51%を売却する」と 明記されている。

つまり、日本のODAで造った浄水場を韓国の民間企業の営利目的のために使おうという のだ。






posted by 韓国マンセー at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テロリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

危機になると逃げるニダ!


FT「韓国財閥、危機になると車いすで逃げる」
2007.09.12 中央日報

英国の日刊経済紙・フィナンシャルタイムズ(FT)が12日、法的な問題が発生する度、病気にかこつけ危機を免れる韓国財閥と、財閥に温情的な韓国の司法制度を批判した。同紙は、この日「韓国の財閥リーダーは、困難の度に車いすに乗る」という見出しのもと、決定的な瞬間になると病気を理由に危機を避ける財閥トップらの姿を紹介している。

ひとまず、05年の「国家安全企画部(現国家情報院)Xファイル事件」では、騒ぎの最中に米国に向った三星(サムスン)グループの李健煕(イ・コンヒ)会長が5カ月後に車いす姿で帰国し、その後エバーランド転換社債(CB)を安値で譲り受けた事件についても検察の捜査を受けなかったことを指摘した。

続いて、不正蓄財の疑いで起訴された現代・起亜(ヒョンデ・ギア)自動車の鄭夢九(チョン・モング)会長や、鉄パイプなどを動員した報復暴行事件で起訴されたハンファグループの金升淵(キム・スンヨン)会長も、車いす姿で法廷に登場し、最終的に執行猶予判決を受けた、と紹介している。

同紙は「韓国の裁判所は、財閥が裏で何をしていようとも、経営を続けられるよう支援することが国家の利益にかなう、と信じているようだが、国民に公平な司法システムを整えることが、最大の国益につながるのではないか」と反論している。
.................................................................

posted by 韓国マンセー at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰ってきた悪党ぺ氏!


幻のヨン様ドラマ韓国で放映 予算10倍、1年遅れで

http://www.sanspo.com/sokuho/070911/sokuho036.html

韓流スター、ペ・ヨンジュンが主演する新作テレビドラマ「太王四神記」の放映が11日、韓国で始まる。通常のドラマの10倍の予算をかけながら、放映開始が何度も延期され、予定より1年遅れとなった“幻の大作”。制作陣に日本から作曲家の久石譲が参加するなど話題も多い。

ドラマは5000年前の古朝鮮の建国神話と高句麗の19代の王「広開土大王」の活躍を重ねたファンタジー。1990年代にドラマ「砂時計」で社会現象を起こしたキム・ジョンハク氏が演出を務め、コンピューター・グラフィックス(CG)を多用、430億ウォン(約52億円)の制作費を投じた。

昨年9月に放映開始予定だったが撮影が遅れ、4回も開始が延期。今年6月には制作したMBC放送の労働組合が「制作陣との摩擦でペさんが1カ月も撮影現場に現れていない」と延期が続くことに抗議する騒ぎも。

韓国メディアからは「お茶の間にCGはなじみが薄く、ストーリーも複雑すぎる」と辛口の批評が出ており、視聴率に関心が集まっている。(共同)
.................................................................

関連動画:

ヨン様


韓国 全国のど自慢 幼児虐待 自分が歌っている間息子に側転させる親 参加者のチ○コを握る司会者

.................................................................


posted by 韓国マンセー at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

ウリの自動車はブランドニダ。 トヨタ車はいらないニダ。

■「現代自動車、ブランドで勝負する」 … NYタイムズ紙がビジネス面トップ記事で紹介
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1189252599/

gomi.jpg

先月、史上最大販売率を記録した現代自動車が、大々的なブランド広告キャンペーンを開始する、とニューヨークタイムズ紙が7日(以下現地時間)報道した。

同紙は7日のビジネス面(7面)のトップ記事で、現代車が10日から1500万ドルの予算を投じてウェブサイト・テレビ・雑誌など各種メディアで集中的な広告キャンペーンを展開する計画だ、と報じた。

また、巨大な体格の相撲選手が相手を睨んでいる広告写真を紹介して人目を引いた。写真の右側には現代(HYUNDAI)のロゴがあり、左側には「二つの保証(Warranty)がリングに入り、一つの保証だけが残る」というコピーを通じて、「10万マイル10年保証」というヒュンダイの破格のサービスをアピールしている。

グッドビー・シルバースタイン&パートナーズ社が製作したこの広告は、「考えてみよう」(Think about it)というコンセプトで、現代車のブランドイメージ改善に焦点を当てている。
<中略>

現代自動車は、2010年までに現在の年間販売台数50万台を40%上回る70万台にすることを販売目標に掲げ、今回の広告キャンペーンのような攻撃的販売戦略を立てるようになった、と紹介した。

昨年夏に登場した「スマート・ムーブ」(Smart Move)広告と同様、今回の「Think AboutIt」キャンペーンは現代自動車がもはや低価格を武器に販売する車ではないという点を強調している。

これは、「現代自動車は自動車のKマートだ。すべての種類を取り揃えているが、どれも安物だ」と評するブランド・キーズ(Brand Keys)のロバート・パシコフ(Robert K. Passi-koff)社長の言葉にも現われる。ブランド・キーズはニューヨークのブランド価値評価会社だが、2007年の調査で現代自動車は13の自動車ブランドの中で10位だった。現代車を下回った3ブランドはフォードとGM、起亜(KIA)だった。

現代モーター・アメリカのジョエル・エワニック(Joel Ewanick)マーケティング担当副社長はNYタイムズのインタビューに対して、「現代自動車はブランドイシューを志向する。これ以上価格でビッグ・ディールはせず、安全性や個別装置の水準、信頼性を示すトータルパッケージで、もっと大きいディールをしようしている」と説明した。

グッドビー・シルバースタイン&パートナーズ社のジェフ・グッドビー(Jeff Goodby)会長は、「現代車を愛する顧客と潜在顧客との間の距離はまだあるが、私たちの広告キャンペーンは顧客が客観的な比較を通じて決断を下せるようにすることだ」と語った。

グッドビー会長は、「現代車のブランド価値は、世界的な車に劣らず高くなっている。(現代車を買うために)トヨタ車をあきらめるのは、もはや馬鹿げたことではない」と強調した。
................................................................
関連記事:

★厳選!韓国情報★
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/af2fe5b76c6afa97b953ce20ae47d975

痛いニュース
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1028280.html

2ch
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1189252599/
................................................................
posted by 韓国マンセー at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パクリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。